WiMAX契約して後悔したこと|3年契約はリスク高すぎる

モバイルWi-Fi」や「Wi-Fiルーター」と検索すると「WiMAXがおすすめです!」と、このようなサイトがたくさん出てきます。

モバイルWi-Fiサービスには、今や数え切れないほどのサービス会社がありますが、WiMAXの知名度と人気は群を抜いて高いようです。

モバイルWi-Fiサービスの中でWiMAXって本当におすすめなの?

深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽衣さんの3人の人気女優による「UQコミュニケーションズ」のCM広告によるものも大きく、「モバイルWi-Fi=WiMAX」と認識している方も多くなっています。

ただし、「モバイルWi-Fi=WiMAX」と思い込んで、数あるモバイルWi-Fiサービスと比較検討せずにWiMAXを契約してしまうと、思わぬデメリットを契約後に感じてしまうこともあります。

モバイルWi-Fi=WiMAXって思っていたけど、WiMAX契約後のデメリットがあるの?


今回は、実際にWiMAXを利用していた私が感じた「WiMAXを契約して後悔したこと」を紹介していきます。

WiMAXの契約を考えている方は、この記事を契約前に読んで、実際のWiMAXのデメリットを理解した上で、検討していただければ後悔なく利用することができると思いますので参考にしてください。

この記事の内容
  • WiMAX契約後の後悔した点
  • WiMAX契約前にここは必ず注意すべき
  • WiMAXはそれほどおすすめではない

初めてモバイルWi-Fiを契約しようとしている方に向けてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
【徹底解説】初めてのモバイルWi-Fiの選び方、サービスの種類と注意点

WiMAX契約後に後悔した点

WiMAXとは、UQ WiMAXが提供している回線であり、正確には現在は「WiMAX2+」という独自の回線サービスを提供しています。

WiMAXは、他のモバイルWi-Fiサービスのようにdocomo、au、Softbankの回線を借りてモバイル通信を行っているモバイルWi-Fiサービスではありません。

独自基地局を利用しての回線サービスによる高速通信がウリです。

WiMAXについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

WiMAX契約して特に後悔した点5選

  • WiMAX回線の電波の悪さ
  • 地下鉄や建物内に弱い
  • 実際「無制限使い放題」ではない
  • 契約期間の長さ
  • プラン、キャンペーンが複雑

WiMAX回線は電波悪い

WiMAX回線は独自回線を持ち、高速通信が可能ですが、docomo、au、Softbankの通信可能なエリアと比べると全国的にまだ広がっていません。

都心部での利用なら快適に通信が可能なエリアは多いのですが、地方や山間部にエリア網は発達していないのが現状です。

実際に地方に持ち運んだ際には、WiMAX回線が入りづらくau 4G LTE回線の「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることが多かったです。

地下鉄や建物内に弱い

WiMAX回線は障害物に弱いことは有名ですが、実際に使ってみると思っていたよりも悪いことがわかりました。

まず、地下鉄での利用ほぼ不可能と思っていて間違いありません。

通勤通学時にYouTube視聴をしたいと思いWiMAXを契約しようとしているなら、まずおすすめ出来ません。

また、地方でのエリアが広がっていないのも有名ですが、実際に使ってみると都心部でも建物によって非常に電波の入りが悪いこともあります。

実際には「無制限使い放題」ではない

エリアや、地下鉄、建物による電波の入りの悪さをカバーするように、au 4G LTEの「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて、電波の悪さをカバーできるから大丈夫と思っていると危険です。

なぜかというと、「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」は月間7GBまでしか使えないからです。

実際に利用してみると、利用している時間の半分以上のタイミングで「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて使いたいと思うほどWiMAX回線は弱いです。

また、「ギガ放題プラン」も3日で10GBの制限はあります。

契約期間の長さ

現在のモバイルWi-Fiサービスは、1ヶ月単位で状況が目まぐるしく変わっています。

2020年「どんなときもWiFi」による通信障害トラブルも大きな話題になったりと、通信面、サービス面共にまだまだ不確定で不安定なサービスであることを露呈しています。

その反面、どんどん新しく、より安くて安心なサービス会社も生まれていることも確かではあります。

その中でも、契約期間の縛りなしのサービスが出てきて主流になりつつあるモバイルWi-Fi業界でWiMAXの契約期間は2年~3年が主流というかなり、リスクの高い商品であると思います。

解約金の有無の比較をするとあきらかに、縛りなしのサービス会社の方が良心的で安心なサービスと言えます。

プラン、キャンペーンが複雑

WiMAXを利用できるサービス提供会社は「UQ WiMAX」にも数社ありますが、月額利用料や契約期間がそれぞれに特徴があり異なります。

特に、分かりにくいのが「キャンペーン」適用による割引です。

中には、高額な「キャッシュバックキャンペーン」によるアピールをしているサービス提供会社もあり、実際のところ、どこが自分に合ったコスパの良いWiMAX提供会社なのか分かりにくい点という不安があります。

WiMAX契約前には「無料お試し利用」を必ずしよう

このように、WiMAX利用には十分に契約前に確認しておくべきことがあると言えます。

特に、注意すべき点は、利用するエリアがWiMAX回線対応エリアかどうかは必ず確認しましょう。

UQ WiMAXでは、無料でWiMAXを試すことができる「Try WiMAX」というサービスがあります。

WiMAX回線を利用したいけど、心配な方は無料で15日間試すことができるので試してみましょう。

エリアマップでエリア内に当たっていても、繋がらない場合もあるので必ずお試しすることをおすすめします

WiMAXに関してはこちらの記事でより詳しく紹介しています。
【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

WiMAXが向いてないと思った人におすすめ

モバイルWi-Fiサービスには各社それぞれに特徴があります。

利用する方々それぞれに必要な条件は異なるので、一概に「これが1番おすすめです」と言い切れないものです。

今回紹介してきたように、WiMAXにはデメリットの部分が多いです。

しかし、エリア対応内の自宅での利用としたら候補に入れてもいいかと思います。

モバイルWi-Fiサービスで、個人的におすすめ1社あげるとしたら私も現在利用している「FUJI WiFi」がおすすめです。

もし、これからモバイルWi-Fiサービスの契約を検討している方の参考になれば幸いです。

おすすめのモバイルWi-Fi

FUJI WiFi

  • 解約時縛りなし
  • 大容量プラン~低容量プランが選べる
  • ルータープランとSIMのみプランが選べる
  • Softbank回線だけでなく、docomo回線、au回線も選べる
  • 独自のデポジットシステムで毎月500円割引

【FUJI WiFi】公式ホームページ

【最新】FUJI WiFi(フジワイファイ)クーポンコード・キャンペーン特典おすすめ情報

また、こちらの記事でWiMAX回線やFUJI WiFi含めたモバイルWi-Fiサービスの選び方を詳しく紹介しています。
【徹底解説】初めてのモバイルWi-Fiの選び方、サービスの種類と注意点

【学生必見】初めてのモバイルWi-Fi、外でも家でもコスパよく使う選び方