【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

「UQ WiMAX」が提供するWiMAXには、「UQ WiMAX」以外からもWiMAXサービスを提供する会社が存在します。

通信速度や通信品質は、「UQ WiMAX」含めてどの会社でも同じですが、利用料金や契約期間に違いがあります。

○○WiMAXってたくさんあってわからない、どこで契約するのがおすすめなの?

WiMAXのデメリットと、契約時の注意点も知りたい。

このような疑問に答えていきます。

記事の内容
  • WiMAXとは?
  • WiMAXサービス提供会社のおすすめは?
  • WiMAXサービスの注意点は?
  • WiMAXはどんな人におすすめ?

WiMAXも含めてモバイルWi-Fiサービスを利用したい方には、こちらの記事で詳しく紹介しています。
【徹底解説】初めてのモバイルWi-Fiの選び方、サービスの種類と注意点

【学生必見】初めてのモバイルWi-Fi、外でも家でもコスパよく使う選び方

とりあえず手っ取り早くおすすめのモバイルWi-Fiを知りたい方は、こちらの記事で紹介しています。
コスパが良いおすすめモバイルWi-Fiランキングを紹介しています。

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

WiMAXは独自の基地局を持ち、高速モバイル通信可能

WiMAXは独自基地局で高速通信可能

WiMAX回線とは、UQ WiMAXが提供している回線であり、正確には現在は「WiMAX2+」という独自の回線サービスを提供しています。

WiMAXは、他のモバイルWi-Fiサービスのようにdocomo、au、Softbankの回線を借りてモバイル通信を行っているモバイルWi-Fiサービスではありません。

WiMAXだけの独自の回線を使用しており、通信速度の速さが魅力です。

工事不要で、電源を入れれば即インターネット接続可能な点は言うまでもないメリットです。

WiMAXはデータ使い放題「ギガ放題プラン」が魅力

WiMAXの魅力は、独自の回線を利用した通信速度だけではありません。

人気の理由の一つに、月間のデータ通信容量の上限を設けていない「ギガ放題プラン」にもあります。
※ただし、3日で10GBの制限はあります。

クラウドSIMタイプや、キャリアLTE回線タイプのモバイルWi-Fiサービスでは、現在ではほとんどのサービスが無制限プランの提供が廃止になり、100GB/月までのデータ通信制限サービスが主流になりつつあります。

その中でも、WiMAXは変わらず「ギガ放題プラン」を契約できるで、とても魅力的です。

WiMAXは「au 4G LTE」回線も利用可能

WiMAXには、「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」という2つの通信回線を端末で切り替えて利用することができます。

ハイスピードエリアモード
ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモード
通信回線WiMAX2+au 4G LTE
データ通信制限上限なし(3日で10GB)7GBまで/月
エリア対応都心部に強く地方や障害物に弱いauエリア対応でエリアと場所を選ばない

WiMAXの独自回線は、弱点があり、「エリア対応がまだ進んでいない」ことと、「建物や地下など障害物に電波が弱い」という点があります。

しかし、「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えて利用することにより「au 4G LTE」回線の通信網を利用でき、WiMAX回線の弱点である場所でも、通信を快適に保つことができます。

WiMAXの注意点と落とし穴、デメリット解説

  • 独自回線で高速通信
  • 月間データ通信上限なし
  • au 4G LTEが使えて電波の問題もなし

パッと見、これ以上ないインターネット接続サービスに見えますが、WiMAXの利用には事前に把握しておかなければならない注意点もあります。

快適に利用できるエリアが狭い

WiMAX回線は独自回線を持ち、高速通信が可能ですが、docomo、au、Softbankの通信可能なエリアと比べると全国的にまだ広がっていません。

都心部での利用なら快適に通信が可能なエリアは多いのですが、地方や山間部にエリア網は発達していないのが現状です。

WiMAX2+エリアとau 4G LTEエリア比較

関西エリアのマップで「WiMAX2+」と「au 4G LTE」エリア対応を比較してみます。


山間部から沿岸地域に隙間が見えます。

WiMAX2+関西エリア

一方で「au 4G LTE」エリアは山間部もかなり細かくオレンジ色でカバーされていることがわかります。

au 4G LTE関西エリア

大阪府北部~兵庫県北部~京都府西部に注目して比較して見るとかなり「WiMAX2+」に隙間があることがわかります。

この辺りは、住宅地も主要幹線道路もありますが、カバーできていないところがあるのがわかります。

ゴルフ場も多く、朝来市の雲海が見える「竹田城跡」など有名な観光名所も多くあります。

※写真上の矢印をクリックしながら動かして写真を比較できます。

関西北西部エリア比較

このように都心部は比較的に「WiMAX2+」でカバーできていますが、地方や山間部でのカバー率が比較するとわかります。

「au 4G LTE」通信は月間7GBまで制限あり

WiMAX2+のエリアが狭くても「au 4G LTE」に切り替えて使えるから大丈夫!!

先ほど「WiMAX2+」の通信可能エリアが狭いという点をあげました。

じゃあ、「そんなときのための「ハイスピードプラスエリアモード」じゃないの?」ということを思うかもしれません。

ここに、大きな落とし穴があります。

なぜかというと、「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」は月間7GBまでしか使えないからです。

しかも、「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」で7GB以上利用すると、「ハイスピードモード(WiMAX2+)」も制限がかかり使えなくなります。

エリア外でも「ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)」があるからと、あてにしていたらすぐに速度制限の対象となってしまいます。

また、地下や建物内、ビルの谷間など都心部でも障害物に弱い電波であることも忘れてはいけません。

WiMAX「ギガ放題プラン」は無制限使い放題ではない

WiMAXの人気プランの「ギガ放題プラン」は、自宅の光回線のように無制限使い放題ではありません。

「3日で10GB以上利用で速度制限」があります。

3日で10GB以上利用の場合
速度制限がかかる利用データ量直近3日間で10GB以上(「WiMAX2+」と「au 4G LTE」)のデータ量の合計
制限時間3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)
制限後の最大通信速度概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)

大容量のデータのやり取り、動画やゲームのダウンロードなどを多く利用する方には注意が必要です。

WiMAXはエリアや電波を確認できる

ここまで、WiMAXを利用する際の注意点とデメリットを紹介していきました。

これらは事前に分かっていて、ご自身の利用エリアが快適な通信が可能であればWiMAXは非常に便利なインターネット接続サービスです。

UQ WiMAXでは、無料でWiMAXを試すことができる「Try WiMAX」というサービスがあります。

WiMAX回線を利用したいけど、心配な方は無料で15日間試すことができるので試してみましょう。

エリアマップでエリア内に当たっていても、繋がらない場合もあるので必ずお試しすることをおすすめします。

WiMAXオススメ3選

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

業界最大手のGMOインターネット株式会社運営で安心。
トータルの実質月額使用料が安く、最新機種W06が使用可能。

  1. 高額キャッシュバックor月額使用料割引が選べてお得。
  2. 回線品質が最も高く速度の出やすいWAIMAX回線使用。
  3. ギガ放題プランで3日で10GBまでデータ容量制限なし。

公式ホームページはこちら↓

GMOとくとくBB

このページ限定特典はこちらから↓

>最大31,500円キャッシュバック!!月額料金も3,609円(税抜)~とお得!工事不要でお得なWiMAX2+はこちら

【要点検証】高額キャッシュバックのGMOとくとくBBのWiMAXは本当にコスパ良いの?

Broad WiMAX

キャッシュバックキャンペーンの取り損ないが不安な人は、月々の利用料から割引きされているBroadWIMAXがおすすめ。

BroadWIMAX

BroadWIMAXの人気ポイントは月額利用料が最初からキャンペーン適用されて安い点です。
3年間の総額はGMOとくとくBBのWiMAXの次に安い。
キャッシュバックキャンペーンの受け取りに不安がある人は申込時から割引された安い月額利用料で安心です。

公式ホームページはこちら↓

BroadWiMAX

割引キャンペーンページはこちら↓

BroadWiMAX 月額2,726円(税抜)~

【月額料金が安い】BroadWiMAXのメリット・デメリットと契約前に知るべきこと!

カシモWiMAX

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンの適用に必要なややこしい手続きが不安でわかりやすいプロバイダー契約をしたい方はカシモWiMAX。

カシモWiMAX

カシモWiMAXはシンプルに安く、ややこしい割引キャンペーン手続きもない契約後の安心感のあるWiMAXプロバイダーです。

公式ホームページはこちら↓

カシモWiMAX

カシモWIMAXのシンプルな料金プランはお得で安心感が本当におすすめなのか?

この3社の詳細を含めて以下にモバイルWI-FIの選び方や通信速度比較と総合利用料金などをまとめておりますのでご覧ください。

WiMAX回線3社比較

※実質月額料金は月額利用料金と適用キャンペーンサービスと事務手数料の総額を3年使用を月あたりで割った金額。

プロバイダー実質月額料金速度制限最大通信速度公式ホームページ
GMOとくとくBB3,435円3日で10GB以上1237MbpsGMOとくとくBB
BroadWIMAX3,656円3日で10GB以上1237MbpsBroadWiMAX
カシモWIMAX3,685円3日で10GB以上1237MbpsカシモWiMAX

速度制限、最大通信速度では3社とも同じWIMAXと最新ルーター使用可能により横並びだが、キャッシュバックキャンペーンの高還元のGMOとくとくBBが実質月額料金で比較するとお得だといえる。


公式ホームページはこちら↓

GMOとくとくBB

コスパが良いか【平均月額料金】

まず気になるのはやはり金額面でしょう。


注意する点は、月額使用料以外にも契約事務手数料やプロバイダー独自に設定している特典キャンペーンサービスによっって総合的な金額が変動するので、安易に月額料金のみで判断して契約してしまわないことです。


最終的な総合支払額を判断して損しないように契約しましょう。

プロバイダー割引キャンペーン実質月額利用料金公式ホームページ
GMOとくとくBBキャッシュバック最大31,500円3,435円GMOとくとくBB
BroadWIMAX月額利用料割引あり3,656円BroadWiMAX
カシモWIMAX月額利用料割引あり3,685円カシモWiMAX

GMOとくとくBBはキャッシュバック最大31,500円という破格のキャンペーン適用により最もお得。


キャッシュバック申請や受け取りに自信のない方は申込時から月額利用料金割引されているBroadWIMAXカシモWIMAXを選ぶことも選択肢の一つ。

通信速度の速さ【接続スピード】

WiMAXは、3日で10GBの容量制限がありますが最大通信速度が速く通信の安定性も高いです。

ただし、実際の速度は平均して概ね20Mbps~60Mbpsくらいです。

3社とも最新ルーターのSpeed Wi-Fi NEXT W06が選択可能なので迷わずこちらを選べば間違いなし。

通信速度に関してはこちらの3社で同じSpeed Wi-Fi NEXT W06が使えることもあり変わりなし。

プロバイダー通信速度使用可能ルーター公式ホームページ
GMOとくとくBB1237MbpsSpeed Wi-Fi NEXT W06GMOとくとくBB
BroadWIMAX1237MbpsSpeed Wi-Fi NEXT W06BroadWiMAX
カシモWIMAX1237MbpsSpeed Wi-Fi NEXT W06カシモWiMAX

【簡単解説】ネット回線の快適な速度と「Mbps」や「下り速度」とは?

容量制限【速度制限、ギガ数】

月間データ容量制限なしプランでも「3日で10GB以上」使用で速度制限がかかります。

ですが、「3日で10GB」あれば十分な容量があります。

YouTube視聴で約13時間程度視聴可能なぐらい十分な容量です。

プロバイダー通信容量プラン速度制限公式ホームページ
GMOとくとくBBギガ放題3日で10GB以上GMOとくとくBB
BroadWIMAXギガ放題3日で10GB以上BroadWiMAX
カシモWIMAXギガ放題3日で10GB以上カシモWiMAX

WiMAX「注意点とデメリット」まとめ

  1. 独自基地局を持っていて高速通信可能だがエリアを選ぶ
  2. au 4G LTE 回線に切り替えてエリアと速度をカバーできるが7GBまでの制限あり
  3. まずは「Try WiMAX」で無料お試し

WiMAXをおすすめしているサイトや記事はたくさんあります。

ただし、ほとんどが「au 4G LTE」を利用した時の速度やエリアを列挙して「圧倒的スピードとエリアを選ばない」という特徴を全面に押しています。

今回デメリットで紹介したように実際には、「WiMAX2+の回線とエリア」での利用がメインになることは忘れないでください。

WiMAX回線の利用に向いている方は、エリア対応している都心部にお住まいの方で外で持ち運んでの利用をあまり考えていない方にはWiMAX回線は向いていると言えます。

持ち運んで利用したいモバイルWi-Fiサービスを考えている方は、「クラウドSIMタイプ」か「ソフトバンク回線」を利用したモバイルWi-Fiサービスがおすすめです。


モバイルWi-Fiサービスの選び方はこちらの記事で詳しく紹介しています。
【徹底解説】初めてのモバイルWi-Fiの選び方、サービスの種類と注意点

【学生必見】初めてのモバイルWi-Fi、外でも家でもコスパよく使う選び方

とりあえず手っ取り早くおすすめのモバイルWi-Fiを知りたい方は、こちらの記事で紹介しています
コスパが良いおすすめモバイルWi-Fiランキングを紹介しています。

[kanren postid=”368″ labeltext=”あわせて読みたい”