【簡単解説】ネット回線の快適な速度と「Mbps」や「下り速度」とは?

ネット回線の速度の「Gbps」「Mbps」「下り速度」って一体なに?

インターネットプロバイダやモバイルWi-Fiのうたい文句にでてくる「○Gbps」「○Mbps」「下り最大」についての疑問を解説していきます。

この記事の内容
  • GbpsやMbpsの速度単位の意味がわかる
  • 下り、上りの速度の意味がわかる
  • 速度によってできることがわかる

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

【学生必見】初めてのモバイルWi-Fi、外でも家でもコスパよく使う選び方

【最新版】コスパの良いインターネット回線おすすめ!学生向け簡単な選び方

GbpsやMbpsは速度の単位です

「bps」bit per secondの略であり、通信におけるデータ転送の速度を表す単位です。
1秒間に何bitのデータを転送できるかを意味します。


「Gbps」「Mbps」「Kbps」はそれぞれ、「bit」の頭に「ギガ」「メガ」「キロ」がついたものです。
1Mbpsの場合は、1メガビットパーセコンドということです。

各bpsの速度

1Kbps=1,000bps

単位読み方/bpsbps換算
1Kbpsキロ1,000bps
1Mbpsメガ1,000,000bps
1Gbpsギガ1,000,000,000bps

数字が大きくなりすぎて意味不明状態ですが、

「Kbps(キロ)」<「Mbps(メガ)」<「Gbps(ギガ)」、このようにキロが小さくギガが大きいという関係性だけ覚えておけば大丈夫です。

「Kbps」「Mbps」はスマホや格安SIM、WiMAXでよく使われる単位で、「Gbps」は光回線でよく使われている単位です。

上り速度と下り速度のとは

ネット回線やモバイルWi-Fiのホームページで速さをアピールするときにでてくる「下り最大○Mbps」という表記があります。

下りと上りとは、どの分野の通信をそれぞれ使っているときかを覚えておきましょう。

下りとは

「下り」はダウンロード(受信)することを意味します。

画像を見たりYouTubeを見たり、メールを受信する場合のときは「下り」の速度です。

上りとは

対して「上り」とは、アップロード(送信)を意味します。

メールの送信やファイルをインターネット上にアップロードする場合は上りの速度が重要になります。

「下り」と「上り」
下り上り
概要データをダウンロード(受信)データをアップロード(送信)
使用項目メールの受信
画像ダウンロード
動画視聴
メールの送信
画像アップロード
ファイルアップロード

私たちが通常使っていて気になるのは、「下り」の受信速度の方が多いと思います。

「YouTubeがサクサク進まない」
「ブログの読み込みが遅い」など。

よくある、遅くてイライラの原因は「下り」の速度が遅いためです。
そのため、契約時には下りの速度表記を注意して契約することをおすすめします。

普段使いに必要な速度は○Mbps?

スマホであれば、下り1Mbpsくらいあれば普段使い(LINE・メール・ネット検索・動画視聴)は可能。
5~10Mbpsくらいあれば高画質動画を見ることもでき、より快適な速度といえます。


パソコンでの使用であれば、普段使い5Mbps~30Mbpsが必要な速度といわれてます。

動画視聴に必要な速度とは

YouTube視聴に必要な推奨されている速度です。

YouTube推奨速度
動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

使用するインターネット回線による速度目安は?

主なインターネット回線のダウンロード速度(公表最大値)
3G最大14Mbps
ADSL最大50Mbps
LTE最大75Mbps
4G最大1Gbps
光回線最大1Gbps

ただし、こちらの通信速度とは、「ベストエフォート方式」という回線事業者が提示する最大値であります。
実際には、この通信速度が出る可能性は、ほぼ0と思っていいでしょう。


理由としては、スマホであれば無線通信であり、その時点で障害を受けながら通信を行うので有線通信に比べてロスが発生するため最大値には届かない。


マンションのインターネット回線を利用している場合なども、マンション全体での最大値であり、そこから何人もの住人で使用しているため通信速度は遅くなりがちです。

その他、使用ルーター、スマホ機種のスペックなどにも影響があり、回線事業者が提示する最大速度値には、ほぼ及びません。

光回線では、実際の通信速度は公表されている最大値の3~6割程度といわれています。

ネット回線の速度まとめ

  • 「Kbps(キロ)」<「Mbps(メガ)」<「Gbps(ギガ)」ギガが大きいと覚える
  • 「下り」はダウンロード、「上り」はアップロード
  • 「下り」の速度に注目する
  • 各社の公表する最大通信速度は、ほぼ出ない

以上、インターネット回線の速度に関して注意すべき点を紹介しました。
インターネット回線の契約や乗り換えなどの場面で参考になれば幸いです。

おすすめ光回線

NURO光

キャンペーンサイトはこちら↓

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!

NURO光は高速通信と月額料金の安さと高額キャッシュバックで今一番話題の光回線です。

Softbankスマホと「おうち割光セット」で毎月1,000円の割引が受けられます。
もし、お住まいがNURO光に対応していてSoftbankスマホを使用しているのならばNURO光を迷わず選んで間違いないと思います。

他社の下り最大速度は1Gbpsですが、NURO光は2Gbpsと圧倒的に速度が速いことに加えてキャッシュバックキャンペーンもお得。

対応エリアが少ないのが現時点では唯一の欠点といえます。
お住まいがNURO光に対応していれば、もはや迷う余地なしでおすすめです。

1 個のコメント