【学生必見】初めてのモバイルWi-Fi、外でも家でもコスパよく使う選び方

2021年も引き続き「モバイルWi-Fルーター」の人気は加速すると見られています。

  • すぐにインターネット接続環境が欲しい
  • 工事不要で外出先でも、どこでも使える
  • 光回線の工事予約がとれない、工事立会いの時間がとれない
  • 格安SIMスマホと併用したい


このうような理由で、モバイルWi-Fiを検討している方が多いのではないでしょうか。

モバイルWi-Fiサービスは、会社もプランも多くてどれを選べば良いのかわからない、、、。


モバイルWi-Fiサービスは、数え切れないほどサービス提供会社もプランも多く、初めての方が自分にあったサービスを選ぶのは非常に難しいと思います。

そこで、「初心者でも分かるモバイルWi-Fiサービスの選び方と仕組み」を、モバイルWi-Fiを初めて利用しようと考えている方へ向けて紹介します。

とりあえず手っ取り早くおすすめのモバイルWi-Fiを知りたい方は、こちらの記事でコスパが良いおすすめモバイルWi-Fiランキングを紹介しています。

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

学生におすすめモバイルWi-Fiの選び方

おすすめのモバイルWi-Fiは利用者の環境と用途による

モバイルWi-Fiサービスには各社それぞれに特徴があります。

利用する方々それぞれに必要な条件は異なるので、一概に「これが1番おすすめです」と言い切れないものです。

  • 利用エリア(自宅専用か、外出先でも利用するのか)
  • データ容量(大容量が必要か、低容量で構わないのか)
  • 利用期間(長く使うのか、一時的な利用か)


「どのような利用が多く」、「どの部分を重視するのか」によっておすすめのサービスは変わってきます。

もちろん大前提に、「安くて安心な、コストパフォーマンスに優れたサービスを利用したい」という気持ちは誰もが同じなのですが。

では、そもそもモバイルWi-Fiとはなんでしょうか?

モバイルWi-Fiとは?

モバイルWi-FiとポケットWiFiの違い

モバイルWi-Fiとは、スマホのように小型な機器でインターネット回線の利用が可能な機器やサービスのことを言います。

モバイルWi-Fiは、「ポケットWiFi」や「WiMAX」と呼ばれたりもします。

「ポケットWiFi」はSoftbankの商品名であり、「WiMAX」はUQコミュニケーションズの提供する商品名でありますので、当サイトでは「モバイルWi-Fi」と呼ばせていただきます。

なぜモバイルWi-Fiが学生に人気なのか?

インターネット接続環境は、現代社会において電気やガスのように必要なインフラとなりました。

テレワークの推進、オンライン学習などの普及によって、スマホだけのインターネット接続環境だけではカバーできなくなってきたのが現状であり、需要の高まりの背景でしょうか。

場所を選ばない、持ち運びやすさ

  • 出張や旅行先でのインターネット環境の構築ができる
  • 引っ越しの多い方のインターネット環境に人気
  • カバンやポケットの中に収まる

1番の魅力は、「持ち運び可能なネット環境」です。

働き方改革やコロナウイルスの影響で、インターネット接続環境さえあれば出社する必要のない企業や業種が増えました。

また、個人での自由な働き方も多様性をみせる時代となり「モバイルWi-Fi」はなくてはならないパートナーとなりつつあります。

工事不要、即通信可能

  • 引っ越してすぐに使える
  • 工事立会いなどの面倒不要
  • 急なオンライン学習となった時にすぐ使える

自宅にインターネット接続環境を構築してなくても利用できる、または光回線工事ができないお住まいの方からも「モバイルWi-Fi」は支持されています。

転勤の多い職業の方も、いちいち引越しのたびに光回線工事を依頼するのも大変です。

その点「モバイルWi-Fi」は場所を選ばず、電源さえ入れればすぐインターネット接続が可能です。

大容量データ通信が可能

  • スマホの定額だけではデータ容量が足りない時に使える
  • 無制限プランもありデータ容量を気にしなくていい
  • 動画や重いデータのやり取りにも使える

「モバイルWi-Fi」は、持ち運び可能なメリットと共に、大きなメリットとして大容量データ通信が可能という点があります。

スマホの定額プランだけでは、「NETFLIX」や「YouTube」の動画視聴で多くのデータ通信を行なうには難しい面があります。

「モバイルWi-Fi」なら大容量データ通信プランがあるので、スマホと併用して利用するとコスパも良く、データ通信制限がかかる心配もなくなるでしょう。

パソコン、タブレット端末への汎用性

  • どこでもパソコンやタブレットにインターネット接続ができる
  • ひとつあれば同時に何台もインターネット接続ができる
  • SIMカードが利用出来ない機器にもルーター端末があればインターネット接続ができる

スマホやパソコン、iPadなどのタブレットを同時に利用することができるのも「モバイルWi-Fi」の魅力です。

1台で何台も接続できるルーター端末もあるので、家族や友人、恋人とのインターネット接続のシェアも可能です。

このように、モバイルWi-Fiにはさまざまなメリットがあります。

特に、「大容量」「持ち運び」「すぐ使える」が現代人に愛される理由であると言えます。

では、具体的に回線の種類を紹介していきます。

モバイルWi-Fiの通信回線の種類

モバイルWi-Fiの回線の種類には、以下のように大きく分けて3つあります。

モバイルWi-Fi回線の種類
  • クラウドSIMタイプ
  • ソフトバンクLTE回線タイプ
  • WiMAX回線タイプ

では、それぞれの特徴を紹介しています。

自分に合ったモバイルWi-Fiを見つけるために回線の種類はとても重要になります。

クラウドSIMタイプ

クラウドSIMサービスの主な提供会社
クラウドSIMのポイント
  • 中国のuCloudlink社が開発したサービス
  • 複数の回線を自動的に選んで接続
  • 専用端末が必要、SIMカードはない
  • 海外でも使用可能
  • 無制限プランは現在ほぼなくなった

クラウドSIMとは、クラウドサーバー上に世界中のSIM情報を保管し、場所や状況に合わせて最適なSIM情報を自動的に選択してクラウドSIM対応端末へ通信を届けることができるサービスのことです。

そのため日本だけでなく、同じ端末で海外でも利用な提供会社もあります。

クラウドSIMタイプの最大の魅力は、ひとつの回線に依存することなく、常にその場で安定した通信回線を自動的に選んで快適な通信回線を維持できるという点です。

日本であれば、3大キャリアの「Softbank」、「au」、「docomo」の回線を自動的に切り替えて通信をつなげています。

ただし実際には、ほとんどがSoftbank回線が選択されているようです。

2020年「どんなときもWiFi」をはじめとする通信障害と総務省からの行政指導などがあり、不安定な面も未だに心配される面があります。

これらのタイミングで、クラウドSIMサービスの各社から「無制限プラン」はほぼなくなりました。

クラウドSIMは以下の記事で詳しく解説しています。クラウドSIMのメリット・デメリットが分かれば自分に合ったモバイルWi-Fiを見つけることができるようになります。

【簡単解説】クラウドSIMサービスとは?メリットとデメリットとおすすめクラウドSIMサービスを紹介

【簡単解説】クラウドSIMサービスとは?メリットとデメリットとおすすめクラウドSIMサービスを紹介

ソフトバンクLTE回線タイプ

SoftbankLTE回線サービスの主な提供会社
キャリア回線タイプ
  • ソフトバンク回線を利用したサービス
  • 広いエリアをカバー出来て通信も安定している
  • 地下鉄や建物内でも通信が安定している
  • 料金も安く、契約期間の縛りなしのサービスも多い

ソフトバンク回線を利用した物理SIMを利用した回線です。

格安SIMと言われるものもこの部類に入ります。

主に利用されているのはソフトバンク回線で、「ソフトバンク再販型SIM」と呼ばれているもので、ソフトバンクスマホと同じ回線を利用していて、速度も速くて安定している点が魅力です。

それ以外には、docomo回線、au回線を利用した回線もありますが、こちらはMVNO(回線を一部借りている)のSIMカードタイプのため、混雑する時間帯には若干速度が上がらないこともあります。

Softbank回線は、全体的に通信回線は安定しており広いエリアでの利用が可能で料金も安くて人気のサービスです。

ソフトバンクLTE回線タイプについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
電波の繋がるモバイルWi-Fi【結論:ソフトバンクLTE回線を選べ】

電波の繋がるモバイルWi-Fi【結論:ソフトバンクLTE回線を選べ】

WiMAX回線タイプ

WiMAX回線の主な提供会社
WiMAX回線ポイント
  • UQ WiMAXの提供する「WiMAX2+」という通信サービス
  • 独自の回線を利用して通信速度が速い
  • au LTE回線に切り替えて利用できるがデータ容量制限あり
  • 地下鉄や建物内に電波が弱い

WiMAX回線とは、UQ WiMAXが提供している回線であり正確には、現在は「WiMAX2+」という回線サービスを提供しています。

WiMAXはWiMAXだけの独自の回線を使用しており、通信速度の速さが魅力的です。

また、ハイスピードエリアモードへ手動で切り替えることができ、auLTE回線を切り替えて使うことができます。

○○WiMAXという、プロバイダーがいくつかありますが、通信品質はどれも同じで、料金やキャンペーンに違いがあります。

建物や地下などでの電波が弱いという弱点があります。

WiMAX回線は詳しくはこちらの記事で紹介しています。
WiMAX回線のおすすめプロバイダーとキャンペーン情報も紹介しています。
【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット

おすすめのモバイルWi-Fi回線は?

「クラウドSIM回線」「キャリア回線」「WiMAX回線」それぞれにメリット・デメリットはあります。

個人的には、今おすすめするとしたら「キャリア回線」のソフトバンク回線サービスを利用したサービスがおすすめと言えます。

ソフトバンク回線サービスをおすすめする理由は、

  • エリアが広くて地方でも通信が安定している
  • 建物や地下やトンネルなど障害物にも電波が強い
  • 利用料金も安くて安心


また、「契約期間の縛りなしのサービスもある」ので、目まぐるしく変わるインターネット接続サービスですぐに解約できるという保証は今大きなメリットであると言えます。

こちらの記事でモバイルWi-Fiのおすすめランキングを毎月更新して紹介しています。
【最新版】コスパの良いおすすめモバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

「モバイルWi-Fi」通信回線の速度とルーター端末比較

回線種類による速度の違いを紹介します。

回線種類によって、それぞれ利用できるルーター端末も異なりますのでルーター端末と合わせて各社の公表速度を比較します。

通信速度は詳しくはこちらの記事で紹介しています。
【簡単解説】ネット回線の快適な速度と「Mbps」や「下り速度」とは?

【簡単解説】ネット回線の快適な速度と「Mbps」や「下り速度」とは?

クラウドSIM、Softbank回線、WiMAX回線速度比較

ルーター端末と速度比較
クラウドSIMSoftbank回線WiMAX回線
サービス提供会社MUGEN WiFiFUJI WiFiGMOとくとくBB
端末U3FS040WWX06
下り最大速度150Mbps300Mbps440Mbps

WiMAX回線が理論値上、最も速度が速いが、実測値ベースでは平均して20Mbps~40Mbpsくらいの速度しかほとんど出ません。

これは、クラウドSIMでもSoftbank回線でも同じことが言えますが、公表値の最大速度を出すことはほぼ不可能な数値です。

WiMAX回線はさらに、エリアが限られていることと、建物内や地下に弱いということを注意しておきましょう。

おすすめ比較サイトなどで、「圧倒的にWiMAX回線が速く、光回線と同じくらいの速度が出ます!」とうたっているサイトをよく見かけますが、実際にそんなことは実測値では有り得ないと思っておいた方がいいでしょう。

やはり、エリアが広くて、どこでも安定して繋がるSoftbank回線が実際に使ってみた肌感覚ではおすすめかなと思います。

「モバイルWi-Fi」通信回線による利用料金比較

NOMAD SIM の料金プランはシンプル

結局、最も気になるのは「料金面」でのことです。

そして最も分かりにくいのも、料金プランや割引キャンペーン、初期費用のことです。

利用料金で契約時に注意しておかなければならないのは、主に以下の4つです。

モバイルWiFi利用料金
  1. 月額料金
  2. 初期費用
  3. 解約金
  4. ルーター端末費用

それぞれ比較しながら検証してみましょう。

月額料金比較

月々に支払う利用料金のメインになりますので、まずは「月額料金」がいくらなのかをチェックすることは言うまでもないことです。

注意すべき点は、「最初の1ヶ月だけ○○円」という激安料金を前面にアピールして、以後2ヶ月め以降は割高な月額料金設定ということもあるので注意しましょう。

月額料金比較
MUGEN WiFiFUJI WiFiNOMAD WiFiGMOとくとくBB
プラン名格安プラン100ギガPlusプランBASICプランギガ放題プラン
データ容量/月100GB100GB100GB無制限※(3日で10GB)
月額料金3,150円3,950円
(デポコミコース)
3,600円1ヵ月~2か月:3,609円
3ヵ月目以降:4,263円

※WiMAXは3日で10GBの制限、「au 4G LTE」のハイスピードエリアでの利用は月間7GBまでの制限あり。

おすすめ4社比較しているので、3,000円~4,000円の月額料金の価格帯ですが、これ以上に高い会社もあります。

月額料金だけで比較すると「MUGEN WiFi」が優勢です。

MUGEN WiFiについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。
30日間全額返金保証キャンペーンの「MUGEN WiFi」はお得に使えるのか?

30日間全額返金保証キャンペーンの「MUGEN WiFi」はお得に使えるのか?

初期費用比較

初期費用は、ほとんどの提供会社で最初の契約時に掛かる費用であり、その差もバラバラです。

初期費用」や「事務手数料」と記載がある場合があります。

中には、初期費用+事務手数料の両方が発生する場合もありますので注意して確認しましょう。

初期費用比較
MUGEN WiFiFUJI WiFiNOMAD SIMGMOとくとくBB
プラン格安プラン100ギガPlusプランBASICプランギガ放題プラン
初期費用3,000円3,000円3,000円3,000円

初期費用に関しては4社共に3,000円で同じでした、3,000円が平均的な初期費用の相場と思っていいかと思います。

初期費用もプランもシンプルで分かりやすい「NOMAD SIM」は初めてのモバイルWi-Fiにはおすすめ。

NOMAD SIMはこちらの記事で詳しい紹介しています。
【今狙い目】NOMAD SIMは縛りなし月額2,600円~コスパ抜群の今一番おすすめSIMです!

30日間全額返金保証キャンペーンの「MUGEN WiFi」はお得に使えるのか?


解約金比較

解約金は、ここ最近でも起きた通信障害トラブルの際に問題となったひとつの要因でもあります。

個人的には、「契約期間の縛りの有無」「解約金の発生の有無」は、モバイルWi-Fiを選ぶ際の、最も重要な基準のひとつであると思っています。

モバイルWi-Fi業界は、めまぐるしいスピードで状況が変わり、1ヶ月で変革のある世界であります。

それ故に、「契約期間の長さ」と「解約金あり」は非常に不利だと思っています。

契約期間と解約金比較
MUGEN WiFiFUJI WiFiNOMAD WiFiGMOとくとくBB
プラン格安プラン100ギガPlusプランBASICプランギガ放題プラン
契約期間2年
縛りなし(600円/月)
なし
デポコミコース割引あり
なし3年
解約金1年未満:9,000円
1年~2年未満:4,500円
通常:0円
デポコミコース:5000円返金なし
0円1年未満:24,800円
25ヵ月以降:9,500円

FUJI WiFiとNOMAD SIMが縛りなしで解約金0円とかなり良心的設定です。

FUJI WiFiとの「デポコミコース」は契約時に5,000円の預り金を収めると月々500円割引がされ、1年後に解約せずに利用したら預けた5,000円が返金されるという、独自の割引縛りのようなものです。

FUJI WiFiのプランやデポコミコースは、詳しくはこちらの記事で紹介しています。
【最新】FUJI WiFi(フジワイファイ)クーポンコード・キャンペーン特典おすすめ情報

【最新】FUJI WiFi(フジワイファイ)クーポンコード・キャンペーン特典おすすめ情報


ルーター端末料金比較

ルーター端末の料金もそれぞれあり、レンタルや月々分割払いなど、さまざまな形態があるので注意して確認しましょう。

注意すべき点は、月々の支払いは0円だが、解約時にルーター端末代の残債が発生する場合もあるので、契約時に必ず確認しましょう。

機種代0円の場合でも、「なぜ0円なのか?」「解約しても料金が発生しないのか?」を必ず確認しましょう。

契約期間と解約金比較
MUGEN WiFiFUJI WiFiNOMAD WiFiGMOとくとくBB
プラン格安プラン100ギガPlusプランBASICプランギガ放題プラン
機種U3Glocal Me G3JT101W06
契約レンタルレンタルレンタル購入
機種代0円0円0円0円
解約時返却要
24ヵ月以降返却不要
返却要返却要返却なし

ルーター端末に関して、「GMOとくとくBB」のWiMAXが「0円で返却不要」で一歩リード。

「MUGEN WiFi」「FUJI WiFi」「NOMAD SIM」はレンタル契約で、解約時に返却必須、返却しなかったり故障していたら損害金が発生してきます。

ここで紹介した4社でありませんが、機種代を分割契約→そこから割引で「実質機種代無料」ただし、解約時には分割残債のみ支払い発生という契約もあります。

解約時に、予想以上の請求をされる契約もありますので必ず確認しましょう。

本当によく読まないとわからないところに書いてある場合もあるので、公式サイトの隅々までチェックしましょう。


モバイルWi-Fiの選び方 まとめ

モバイルWi-Fiを初めて契約する際に注意すべき点は、まず以下の5つです。

モバイルWi-Fiを選ぶポイント
  1. 回線の種類
  2. 月額料金
  3. 初期費用
  4. 契約期間
  5. ルーター端末代金

気になるモバイルWi-Fiサービスがあったら、まずこの5つの点をご自身で確認してから契約しましょう。

くれぐれも、派手なキャンペーンに惹かれて、ろくに契約事項をチェックせずに契約することはやめましょう。

ここに挙げた5つを必ずチェックしたあとで、お得なキャンペーンや割引情報に目を向けるようにしましょう。

おすすめ4社比較まとめ
MUGEN WiFiFUJI WiFiNOMAD WiFiGMOとくとくBB
プラン名格安プラン100ギガPlusプランBASICプランギガ放題プラン
データ容量/月100GB100GB100GB無制限※(3日で10GB)
月額料金3,150円3,950円
(デポコミコース)
3,600円1ヵ月~2か月:3,609円
3ヵ月目以降:4,263円
初期費用3,000円3,000円3,000円3,000円
契約期間2年
縛りなし(600円/月)
なし
デポコミコース割引あり
なし3年
解約金1年未満:9,000円
1~2年未満:4,500円
通常:0円
デポコミコース:5000円返金なし
0円1年未満:24,800円
25ヵ月以降:9,500円
ルーター端末U3Glocal Me G3JT101W06
端末契約レンタルレンタルレンタル購入
解約時端末返却要
24ヵ月以降返却不要
返却要返却要返却なし

※WiMAXは3日で10GBの制限、「au 4G LTE」のハイスピードエリアでの利用は月間7GBまでの制限あり。

月額料金の安さ、海外利用も考えているなら「MUGEN WiFi」。

MUGEN WiFi」の詳しい紹介記事はこちらから。


3年利用する予定があれば、機種返却不要の「GMOとくとくBBWiMAX」。

GMOとくとくBB」の詳しい紹介記事はこちらから。


解約時縛りなしなら「FUJI WiFi」もしくは「NOMAD SIM」。

個人的に学生さんにおすすめは、Softbank回線を利用して契約期間縛りなしの「NOMAD SIM」か、ここに挙げた以外にもプランの選択肢の多さとユーザーからの評判の良い「FUJI WiFi」がおすすめです。

NOMAD SIM」の詳しい紹介はこちらから。

FUJI WiFi」の詳しい紹介はこちらから。

初めてモバイルWi-Fiサービスを検討している方に向けて、注意すべき点はを中心に紹介してきました。

回線の種類や、契約プランの異なる4社をピックアップして紹介していますが、モバイルWi-Fiサービスには数え切れないほどの提供会社が参入しています。

中には、先ほど挙げた注意点をよく確認しないと、思ってもない請求が来たり、インターネット接続ができなかったりと、トラブルになってしまうことがありますので、本当によくご自身で注意して契約するように心掛けてください。


こちらの記事ではモバイルWi-Fiのおすすめランキングを紹介しています。
毎月最新情報から本当におすすめできると思ったコスパの良いおすすめのモバイルWi-Fiランキング」を紹介しています。

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

もし「モバイルWi-Fiサービスが多くてわからない」、という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

モバイルWi-Fiおすすめ関連記事

【学生必見】コスパの良い最新モバイルWiFiランキング!おすすめ10社徹底比較

【最新】FUJI WiFi(フジワイファイ)クーポンコード・キャンペーン特典おすすめ情報

【今狙い目】NOMAD SIMは縛りなし月額2,600円~コスパ抜群の今一番おすすめSIMです!

【簡単解説】クラウドSIMサービスとは?メリットとデメリットとおすすめクラウドSIMサービスを紹介

30日間全額返金保証キャンペーンの「MUGEN WiFi」はお得に使えるのか?

【徹底解説】WiMAXとは?後悔しないための注意点とデメリット