【徹底比較】UQmobile vs Y!mobile家族割編

UQmobileとワイモバイルの家族でお得な割引サービスの違いってなに?

UQmobileとワイモバイルは非常に料金プランや仕組みが似ています。
家族割引もほぼ同じサービスを提供していますが大きく違いう点もあります。

今回はこのような疑問に答えていきます。

記事の内容
  • UQmobileとワイモバイルのどちらを契約したほうがお得なの?
  • UQmobileとワイモバイルの家族割引きサービスの違い。
  • 家族割引サービス適用方法。

この記事を書いている私は、実際にUQmobileを3年とワイモバイルを2年使用してきた肌感覚をふまえて解説しますので、独自の信頼のおける感想をお届けできると思います。

UQmobileとワイモバイルの家族割引比較

UQmobileとワイモバイルには両社とも「家族割引」という、その名の通り家族で使用すると安くなるという割引サービスがあります。

UQmobileもワイモバイルも家族割でずっと500円割引に!

共通点と異なる点

UQmobile、ワイモバイル、両社とも同じく家族割引で毎月500円割引です。

UQmobileとワイモバイルの共通点

  • ずっと毎月500円割引
  • 2台目以降の回線に対して毎月500円割引
  • 最大9回線まで対応
  • 自ら申込みが必要
  • 家族間通話は無料ではない

UQmobileとワイモバイルの異なる点

  • 対象者の家族の定義がワイモバイルのほうが自由度が高い

2台目以降の基本料金が毎月500円割引に!

UQmobileとワイモバイルともに両社同じです。

UQmobileWEBサイトより

家族割引とは、家族で契約した場合に、2台目以降の基本料金が毎月ずっと500円割引され続けるというものです。

最大9回線までの子回線が割引対象なので、10人家族まで対応しているということです。

2回線目以降の基本料金が500円割引になるサービスであり、親回線は割引適用されません。

家族割引の適用には自ら申込みが必要

UQmobileとワイモバイル両社とも家族割引の適用には自ら申込みが必要です。
適用条件に当てはまるだけでは割引されません。

UQmobile申込み方法

「全国のUQスポットやUQmobile取扱店舗の店頭での申込み」あるいは「UQお客様センター(電話)での申込み」が必要です。

Y!mobile申込み方法

「全国のワイモバイルショップ」、または「MyY!mobile」にて申込みが必要です。

家族間の通話は無料にならない

大手キャリアの家族割引サービスでは、家族間通話が無料になることが多いのです。

しかし、UQmobileとワイモバイルの家族割引サービスでは家族間通話は無料になりません。

ワイモバイルはルームシェアでも家族割引可能!

UQmobileの家族割引対象者
同一性・同一住所の家族が対象者となっています。
以下のような、家族である証明書の提出が必要になります。

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 健康保険証
  • 遠隔地用健康保険証
  • 同性のパートナーシップ

などの提出が必要です。
詳しくは公式ホームページよりご確認ください。

また、同一名義での複数台契約の際にも「UQ家族割」は適用可能です。
例えば、父親名義で家族全員分の契約をしている場合なども「UQ家族割」が適用可能です。

Y!mobile家族割引対象者
家族(血縁・婚姻)、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること。

Y!mobileWEBページより

何親等でも別居していても血縁関係であればOK、逆に血縁関係がなくても同住所に同居していれば家族割引が適用可能ということです。

つまり、カップルの同棲や友達同士のルームシェアでも家族割引が受けられるということです。

この点がUQmobileとワイモバイルの「家族割」の一番大きい違いであるといえます。

  • 住民票記載事項証明書
  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳
  • 健康保険証

などの提出が必要です。
詳しくは公式ホームページからご確認ください。

また、同一名義での複数台契約の際にも「家族割引」は適用可能です。
例えば、父親名義で家族全員分の契約をしている場合なども「家族割引」が適用可能です。


UQmobileとワイモバイルの家族割引のまとめ

  • UQmobileとワイモバイル両社とも毎月500円割引でほぼ同じ割引サービス
  • 違う点はワイモバイルはカップルの同棲やルームシェアでも家族割引適用になる

料金プランやデータ通信容量比較でもさすがのライバル関係といったところですが、こと家族割引に関してもほぼ同じ内容の割引サービスが受けられます。

大きな違いは、家族割引の対象者の条件がワイモバイルのほうが自由度が高い点です。

この家族割引適用対象者の対象に当てはまるかどうかで毎月の500円割引があるかないかは大きいので、UQmobileの条件に当てはまらない方はワイモバイルを検討してみるのがおすすめかもしれません。

UQmobileかワイモバイルで契約を検討中の方に参考になれば幸いです。

その他の、料金やキャンペーンに関しての比較で検討したい方はこちらの記事をご覧ください↓

【徹底比較】UQmobile vs Y!mobile料金編

【徹底比較】UQmobile vs Ymobileデータ通信編

【学生必見】コスパの良い格安スマホランキング「UQmobile」「Y!mobile」「楽天モバイル」3社比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です